2009年03月29日

機動戦士ガンダムOO #25 再生

ガンダムOO終わりました。

全体の感想としては、第1期と比べると、
とてもおもしろかったです。

第2期を通して特に印象的だったのが、
刹那とティエリアの成長ですね。
第1期では二人とも仲が悪く、
他人とのコミュニケーションもうまくいっていませんでした。

刹那は、迷いを捨てて、自ら道を切り開き、
ロックオンの怒りを受けとめられるまでになりました。
ティエリアは、沙慈を叱責したり、ミレイナに感謝の言葉を掛けたり、
人間性溢れる好青年になっていました。

今考えると、沙慈とルイスのことにしても、
第1期は第2期の飛躍のための踏み台になった感じです。

本編ですが、戦闘の描写はとても迫力がありました。
MS戦はやはりこれぐらい動いてくれないと物足りません。

リボンズは最後にOガンダムに乗り換えますが、
これは何かの意味があったのでしょうか?
もしかすると、ファーストガンダムにそっくりなOガンダムを、
エクシアで破壊することで、
旧来のガンダムに対する何かを壊そうとしたのかもしれません。

Oガンダム.jpg
↑やられるOガンダム

各キャラのエンディングについては、もっと見せて欲しかったです。
ロボットアニメでいつも思う事なのですが、
最終回の1回前でバトルは終わらせて、最終回はしっとりとラストエピソードを流してもらえるのが、一番良いのですが。。。

各キャラで一番幸せだったのは、コーラサワーですね。
予想通り生きているしで、大好きな少佐とも結婚できて言う事ありません。

沙慈とルイスも、元鞘に戻ってよかったですね。
第1期と2期で最も変化が激しかった二人だけに、このラストはほっとします。

刹那とマリナは結局進展しないままです。
マリナはラストにモノローグがあるだけで、
結局、刹那と絡むことはほとんどなかったので、何のためのキャラだったのかよくわかりませんでした。

ブシドーは切腹したかと思っていたのですが、きちんと生きていましたね。
リボンズとのラストバトルにいつ駆けつけるのかと思っていましたが、
見せ場はありませんでした。

その他のキャラも、それぞれに自らの道を歩み始めていました。
そして、最後には映画化の告知が。。。

マクロスFといい、この作品といい、
最近のロボット物は、そんなに映画化に持っていきたいのでしょうかね。
すごく笑わせてもらいましたけど。
おそらく、語りきれなかった外宇宙との交流の話になるのでしょう。

ラストには若干不満がありましたが、総じて楽しい作品でした。
次のガンダムはしばらくはよいですが、そろそろ宇宙世紀をやってもらいたい気もします。

来週からは鋼の錬金術師。
これもおもしろそうです。動画を見る
posted by ぶぶん at 21:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 機動戦士ガンダムOO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。