2008年09月01日

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN21 ラグナレクの接続

まさかの皇帝即位。

即位するにしても、
てっきりシュナイゼルとばかり思っていたので、あっけに取られました。
しかも、ギアスであっという間に兄弟達を服属。
メイン以外の兄弟達は小物すぎました。

皇帝とマリアンヌも最後はなんだか、とても小物に見えました。
マリアンヌはともかく、皇帝には最後まで堂々としていて欲しかったです。

ラグナレクの接続がもたらす世界は、
やさしい世界とのことでしたが、頭に浮かんだのはエヴァンゲリオンの
人類補完計画でした。

エヴァのシンジは、大人達の企んだ計画を拒み、
ルルーシュも親からの押し付けでしかない、接続を拒みました。

ルルーシュの「反逆」は、ブリタニアに対する反逆でもあり、
親に対する反逆でもあったのですね。


ルルーシュはブリタニア皇帝となったわけですが、
一体何を望んでのことなのか。。。エリア11をどう扱うのか?
スザクが騎士になっているのも訳がわかりません。

ルルーシュの政治によっては、
黒の騎士団は存在はますます薄くなっていきますね。

このままで行くと、
ラスボスはシュナイゼルでしょうか。。。
どういった利害関係の元に戦うのかわかりませんが。

TURN19あたりから、加速度的にストーリーが進み始めましたが、
まさか、こんなところまでたどり着くとは思ってもいませんでした。
果たしてどうなるのか、今後の展開が楽しみです。

あと、今回は、全体的に作画がちょっと残念でした。
全員(特にルルーシュ)の口が終始、山というか、
への字を伸ばしたような感じになっていたのが、目に付きました。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

コードギアス 反逆のルルーシュR2 第21話 「ラグナレク の 接続」
Excerpt: ちょ、最後のあれはちょっと……。
Weblog: Shooting Stars☆
Tracked: 2008-09-02 00:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。