2008年09月21日

マクロスF #24 ラスト・フロンティア

アルト、まさかの戦死?

ブレラの強襲を受けたアルト機は、
シェリルの目の前で爆発します。

まさかの主人公死亡エンドかと一瞬思いましたが、
こんなところで主人公が死ぬわけはないと思い、
爆発シーンをよく見てみると、人がぽろっと出ているように見えます。


本編を洗いなおすと、
なぜランカがヴァジュラと交信できる体質になったのか、
グレースの狙いは何なのか、
シェリルの出生の秘密など、
いろんなことが明らかになっていきますね。

その中でも驚いたのが、シェリルが、マオの孫であることでした。
あのイヤリングは、マオ→シェリルの母→シェリル、と受け継がれたのでした。
それにしても、幼かった印象のあるマオですが、
その血を受け継いでいるのが、あのシェリルなのですから、
成長した後は、姉と同様美しくなっていたのでしょうね。
何だか感慨深いです。

ヴァジュラとの最終決戦を前に、各陣営の動きも慌しくなります。
さりげに、ナナセにキスするルカ。
何だか、彼の評価はがた落ちです。

艦長とモニカも何だかいい感じになっています。
ビルラー氏は誰かに逢いたがっているようです。
「フォールドの波は、銀河律と時を越える・・・」
「時」とあることから、過去に失った誰かでしょうか?
もしくは、文化の象徴でもあるミンメイのような気もしますが。。。

アルトと、シェリルですが、
この2人は、やはりシェリルの方が一枚上手のようです。
シェリルは自らの感情を抑えつつも、抑えきれないようで、
複雑な感情が伝わってくるような感じでした。
本当にイイ女ですね。

ヴァジュラとの決戦は、シェリルの歌や新兵器もあって、
統合軍が有利に進めますが、
ランカの歌が戦場を駆けることで、形勢逆転します。

彼女の歌が、「アイモ」ではなく、「愛・おぼえていますか」なのは、
ちょっと意外でした。
歌う姿が、大きく映し出されるシーンは、
エヴァンゲリオン劇場版の巨大綾波や、マクロスプラスのシャロン・アップルを思い出します。

せっかく良い歌を歌っているので、
目がいきいきとしていると良かったのですが。。
この状況だと、そうも行きません。

次回はいよいよ最終回のようですが、
三角関係も含めてどんな結末を迎えるのか、想像できません。

グレイスがネットワークを介して会話していた相手もまだ姿を見せていませんし、謎が残ったままになるのでしょうか?
それとも、最近よくある第2期に続くのでしょうか?

これほどの作品はそうそうないので、
できれば満足のいくラストを迎えて欲しいです。


Online Videos by Veoh.com
posted by ぶぶん at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロスF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106933329

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。