2007年08月14日

コードギアス 反逆のルルーシュ Stage25

再度見えるルルーシュとコーネリア。

クロヴィス、ユーフェミアにつづき、
コーネリアもギアスの力を受けることに。

コーネリアからは、ルルーシュの母マリアンヌの死の真相は聞けませんでした。
やはり、シュナイゼルが一枚噛んでいるようですね。
マリアンヌの遺体が擦り返られているとしたら、
今もどこかで生きている?
生きているとすれば、C.C.と謎の会話をしていたことも納得がいきます。
ただ、何故に死を偽装し、今のような状態になっているは不明のままです。

コーネリアから得られる情報も少なくなってきた頃、ジェレミアが登場。
「オレンジ」のキーワードに、またしても
「オレンジだとぉおお」と反応するかと思ったら、「お願いです。」とは。
意外な切りかえしに笑わせてもらえました。
また、あのよくわからないモビルアーマーみたいなものに乗り込みます。
搭乗シーンやコクピットの様子はまるでスーパーロボットのよう。

そしてその戦闘シーンはまたも笑わせてくれます。
三番隊の一斉射撃をかわすところで、「見える。見える。見える。。。」のセリフ。

どこかのニュータイプみたいなセリフに吹き出しました。
ビルを利用されて撃退されるものの、ここでは終わらないでしょう。

セシルも満を持して(やむを得ず?)、パイロットのスーツに身をつつみます。

ピンチのスザクをアーサーが救ったのは、最終回ならではですね。
それとも、ユーフェミアのおかげでしょうか。

スザクにはコーネリアから騎士侯の称号が。
エリアの総督や皇族クラスになると、
自らの権限で爵位を与えることもできるようですね。
スザクをあまり認めていなかったコーネリアが、
スザクを認めることになったこのシーンには、感動しました。

核?を持って登場するニーナ。
自爆する気まんまんですね。怖い。

そして舞台はラストステージの神根島へ。
導かれるように、スザク、カレンも神根島へと向かいます。

何とかエレベーターのある場所。
神根島到着後に明かされるC.C.の過去。
前のエンディングでも見られた、教会でのC.C.の姿も印象的でした。

二人の別れを暗示させるこのシーン。
二人を引き裂くようにして現れるジェレミア。
ルルーシュの前に最後に立ちはだかるのが、スザクではなく、ジェレミアだとは。。。

過去に勝てと告げて、ルルーシュに口づけるC.C.
シャーリーの時のキスと比べと、こちらの方が好きですね。
そして、ジェレミアへの特攻。泣けてくるなぁ。

ルルーシュが戦線を離脱したことで現れ始めるゼロへの不信感。
黒の騎士団の劣勢。


そしていよいよ最後となる、ルルーシュとスザクの対面。
明らかになるゼロの正体。
ゼロの正体を知り、打ちひしがれるカレン。

ナナリーを助け出そうにも、協力を拒むスザク。
そして、親友だった男の口から自分を否定する言葉を受けて、
逆上するルルーシュ。

二人の思いが最高潮に高まり、互いに銃口を向け合い、引き金を引く。
次に映し出されるのは、撃たれたかのようなナナリー。

ここまで引っ張っておきながら、第二期へと続くのですね。。。

EDは、COLORSでした。
自分的には、この曲はラストバトルでかかってほしかったです。
あのイントロを聞いただけで、鳥肌が立つこと間違いなかっただろうにと思います。

そしてC.C.のモノローグ。
最終回らしく、一応の締めということですか。
正直、このラストにはあまり納得がいきませんが、
最後にC.C.が見せた微笑み。
今までにC.C.が見せた表情の中では最高でした。

第二期があるからこその終わり方ですね。
普通の26話構成では許されない終わり方ですが。
とても気になるところで終わりました。
謎もまだまだ残されているし。

この調子で続くと、第二期も序盤から熱い展開となりますね。
それに、新しいキャラ(予告の最後に出てた人)も出るようですし。
いつ始まるのかはわかりませんが、今後が楽しみな作品になりました。

人気blogランキングへ



この記事へのコメント
感動したけどまたされたわりにはじらされてん〜っと言った感じでした(笑)
なんて言うかドラゴンボールのじらされ方みたいでした〜
まぁ2期に期待です!
Posted by jun at 2007年08月17日 00:24
コメントありがとうございます。

ドラゴンボール(笑)。
ナメック星編を思い出すようです。

二期が今から待ち遠しいですね。
Posted by ぶぶん at 2007年08月17日 01:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。