2007年10月09日

英国恋物語エマ 第二幕 第六章

今回は何やら意味ありげなタイトルでしたが、
ウィリアムの父のことを指していたのですね。

世にも奇妙な物語の録画とかぶってしまったので、
ニコニコ動画で視聴しました。

コメントつきで見たのですが、
他の人も私と同様、ウィリアムに好感は抱いていないようでしたね。
むしろ、今回の話で、ウィリアムの父やアーサーが再評価された感じでした。

貴族になろうとして、見事その地位をつかんだ父、
父とは対象的に貴族にあるまじき行為をとりつづけるウィリアム。
ウィリアムがあまりにひどくて見ていられません。

今回は、作画がよかったですね。
冒頭のエマや、憂いを帯びた表情のエレノア、ウィリアム母の過去。
よい感じでした。

ニコニコ動画のコメントでも出ていましたが、
ウィリアムの母の声はナウシカを彷彿とさせますね。
特に、「ひとりで歩きたいの。」というセリフはナウシカがそこにいるかのよう。
とても懐かしく暖かいものを感じました。

エマは図らずもロンドンへ。
迷走する二人の恋はどこへとゆくのでしょうか。。。

人気blogランキングへ





posted by ぶぶん at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国恋物語エマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59866477

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。