2007年10月17日

ふしぎの海のナディア 第1回 エッフェル塔の少女

キッズステーションで放送が始まりました。

リアルタイムで、NHKの放送を見ていた世代なので、
視聴するのは17年ぶりぐらいです。

当時のストーリーは一部しか覚えておらず、
その内容もあまり理解できていなかったと思います。
17年の月日を経て、この作品が今の自分にはどう映るのか、とても楽しみです。

OPから、とても懐かしさと新鮮さを感じました。
17年前の作品とは思えないほど、きれいな絵です。

ナディアもジャンもとても可愛く、魅力的に描かれています。
第1回の放送中にも感じさせられましたが、ナディアがとても良いですね。

褐色の肌で一見健康で、快活そうな少女が時折見せる、憂いに満ちた表情。
そして、その美しさ。
とても良いです。

ストーリーも、典型的なボーイミーツガールものです。
ジャンがあそこまで積極的な男の子だったかなぁ、という印象です。
第1話の展開も、今見てみると、天空の城ラピュタを彷彿とさせるものがあります。

冒険活劇という表現がぴったりと来る作品です。
最近の作品よりも、こういった昔の作品に懐古的な魅力を感じてしまう
年頃になってしまったのだな、とも感じます。

見終わった後に、さわやかな気持ちが残る、清々しい第1回でした。

人気blogランキングへ



posted by ぶぶん at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ふしぎの海のナディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。