2007年10月28日

機動戦士ガンダムOO 第3話 変わる世界

ライバルとの壮絶な戦いと思いきや、意外にあっけなく、幕を引きましたね。

今回は、戦闘が少しだけ白熱しました。
エクシアの頭部を砕こうとする、軍人の人。(名前がまだよく覚えていません。)
機体性能の差もあって、刹那はさほど苦労することなく、撃破しました。

絵は相変わらず、綺麗です。
ラストのTVで世界が変わっていくような様子を見せて、
そこからEDに入っていく演出も、地味でしたが、よかったです。

今のところ、とてもクールな主人公。
端正な顔立ちと相まって、いい雰囲気を狙ってるのかもしれませんが、
まだまだ感情移入できるところがありません。

刹那に限らず、OOの登場人物には、今のところ、誰にも感情移入できませんね。
外面ばかり綺麗で、中身が薄っぺらいように感じます。

最近、アニマックスで、機動戦士ガンダムとZガンダムの劇場版を視聴しましたが、昔のガンダムは人間味と情緒があって、良いですね。

クールではない、泥臭さというか、独特の粘りを持ったような味が、
昔のガンダムにはあります。
ガンダムがこれほどの人気作品になったのは、キャラの見た目でなく、
その人間性によるところが大きいはずです。

脚本が黒田洋介だけに、そのへんのところはとても期待しています。
もっと、もっと人間味に溢れたガンダムを見せて欲しいです。

人気blogランキングへ



↓ガンダムOO 第3回の動画です。興味を持たれたかたはどうぞ。




posted by ぶぶん at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士ガンダムOO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。