2009年08月29日

東のエデン

今、とても注目しているアニメが「東のエデン」です。

たまたま深夜にテレビ放送されている5話をみたのが、視聴のきっかけでした。

最初に目を引いたのは、キャラクターデザインでした。
原案が羽海野チカで、滝沢や森見を見た時点で納得させられました。

同じ原作のハチミツとクローバーよりも、
より羽海野チカの絵柄に近い感じになっていましたね。

ストーリーは5話を見た時点では、大杉が一番印象に残りましたね。
扱いの不遇さに、こちらも心をえぐられる感じでした。

ちょうど、ハルヒがエンドレスエイトの繰り返しをしてて、
すっかり見る気を失っていたときなので、こちらに一気に興味が移りました。

動画サイトで過去の話を視聴して、
見るほどに続きが気になって、ついに動画サイトで最終話まで視聴しました。

最後は何か駆け足になっていたところが気になりましたが、
劇場版もすごく興味を惹かれています。

最初にも書きましたが、この作品の魅力はキャラクターにつきますね。
ノブレス携帯やセレソン、サポーターなどいろいろな要素がありますが、
滝沢をはじめとして、咲やみっちょん、板津がお気に入りですね。

滝沢は良いヤツすぎて、ちょっとなぁ〜と思うときもありましたが。

電脳コイル以来の久々におもしろい作品でした。
できればTVシリーズで完結まで持っていって欲しかったですね。

posted by ぶぶん at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

電脳コイル

4月から、番組改編で新しいアニメが始まっていますが、
その中でも、この電脳コイルが最高におもしろいです。

本放送は、2007年なのですが、
4月に始まったどの番組よりもおもしろいです。

見ていて、楽しいし、ワクワクします。
1話を見るたびに、何度も繰り返し見るような作品は久しぶりです。

続きを待ちきれず、DVDや動画サイトで全話見てしまいました。。。

こうして見終わってしまった今、何だかちょっと不満のような、
物足りなさのような気持ちが残っています。

最初は、明るかった話から暗めの話が増えていったことで、
若干残念に感じてしまったことが影響しているのかと思っていました。

それでもしっくりこずに、よくよく自分の気持ちを見つめなおしてみると、
本当は電脳コイルの新しい話を、もう見れないのだという気持ちがあることに気づきました。

話を見進めていくうちに、続きが楽しみになり、
寝る前にいつもこれまでのストーリーを振り返っていました。

最終回が近づくにつれて、最終回を見たら、この作品はもう見れなくなるのだなと思ってしまい、視聴を伸ばそうと思っていた程でした。

そして、最終回を見終わった今、
上記のような物足りなさみたいな気持ちが残ってしまったのでした。

それにしても、全話を通じてここまで熱中させてくれた作品は本当にひさしぶりです。

是非是非続きが見たいです。
中学生編、高校生編、大人編、スピンオフ、何でも良いです。

あの子達が動いている姿をもう一度見たいです。

想いをつづると、とりとめなくあふれてきてしまう、
そんな本当によい作品でした。
posted by ぶぶん at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

時をかける少女 (2回目)

アニマックスで時をかける少女を視聴しました。

初めて見たのは、約1年半前。
ラストをすっかり忘れていたのですが、やっぱり感動しました。

終盤では涙がほろり。

この作品を見ていると、過去の自分の可能性について考えさせられたり、
あの時、ああしておけばよかった、などと考えてしまいます。

それでも、やり直しが効かないからこそ、
人生は楽しく悲しくおもしろく、一瞬一瞬が大切になるのでしょうね。

また地上波やCATVで放送される時にも、是非見たいと思える作品です。
いい日曜日の夜でした。

posted by ぶぶん at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

最近見てるもの

視聴中の各アニメの感想を書く時間はあまりないので、
最近見てる作品の感想を軽く書きます。

・魔神英雄伝ワタル
 キッズステーションの再放送を見ています。
 小学生時代に見ていた作品で、久しぶりに見てもおもしろい作品です。
 放送があっているのに気づかず、後半からのスタートとなりました。

 虎王とヒミコのからみが、当時から好きだったのですが、
 やっぱり良いですね。

 ヒミコは、どこまでも明るく、最近のアニメでは見ないキャラですね。
 それに、時折見せる表情がとても良いです。
 最近のアニメの下手な萌え娘よりも、よっぽどくるものがあります。

 ↓カルガモヒミコ。ヒミコの可愛さを実感しました。
 ヒミコ.jpg

 ヒミコ2.jpg

 ドン・ゴロと虎王の関係も好きです。
 忠臣のお手本という感じですね。いいおやじです。

 もうすぐクライマックスですが、とても楽しみです。

・ヴァイパーズ・クリード
 黒塚の後番組だったので、何となく見ています。
 今のところ、可も無く、不可も無く、といった感じです。
 それにしても、黒塚は非常につまらなかったですね。
 見ててすっきりしないし、誰が得するのだろうと思いました。

・黒執事
 おもしろいですね。
 シエルの物言いも聞き慣れれば、あまり気にならないですね。
 作画は良いし、ネタもおもしろいので、しばらくは楽しめそうです。

・絶対可憐チルドレン
 第二期(27話以降)になってから、おもしろくなくなってきています。
 演出過剰というか、表現に引いてしまう時もある程です。
 何とか、昔の演出に戻らないでしょうか。。。
 期待の大きい作品だけに、見なくなってしまうかもしれません。

・アリソンとリリア
 とても良い作品ですね。
 第一期の「アリソン」がとてもよかったです。
 見ててこそばゆくなるような、心がほんのりとするような、
 二人の関係が微笑ましかったり、うらやましかったり。
 「リリアとトレイズ」は、こちらもおもしろいですが、
 一期ほどではないですね。
 それでも、第一期で見せてくれたようなおもしろさがあると信じて、
 見つづけています。

・機動戦士ガンダムOO
 前回の感想にも書きましたが、おもしろいです。
 コードギアスから続く、この時間帯は良い作品が続きますね。

時間があれば、各作品の感想も書きたいですが、今はこれだけですね。
タグ:アニメ 感想
posted by ぶぶん at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

最近見ているもの

10月も半分が終わりました。

今週は忙しくて、見残したアニメがいっぱいあります。

まずは、アリソンとリリアです。

第2話まで見ています。
NHKだけあって、子供向けな感じが強いですが、
微笑ましくて良い作品です。

展開が都合良すぎて、首をひねる時もあります。
そこは自分が年を取ってしまったのだな、と思うところでもあります。

今のところ、視聴継続していく予定です。


次は、黒塚です。
第2話まで見ました。

第1話はいまいちだったのですが、第2話はおもしろかったです。
特に、弁慶の妄想?の中での九郎が最高でした。
黒蜜へのリビドー丸出しの演技は、デスノートの月を彷彿とさせました。
きっと、この音声とデスノートの映像を組み合わせて、
MADが作られるんだろうな、と思いました。

OPは聴くに堪えませんが、視聴継続です。

もう1つは、かんなぎです。

これは、OPを見た瞬間から、
なぜこの作品を見ようと思ってしまったのか、悩むことになりました。
和風テイストの萌アニメなのでしょうか。。。

監督が山本寛というところも、ちょっとどうかと思うところです。
OPの歌と振りはよくできていますが、その手法は、
ハルヒやらきすたで、お腹いっぱいという感じです。

内容は、少しはおもしろいと思うところがありましたが、
ほとんどは、見るのが苦痛なぐらいでした。

もう少しだけ見てみますが、今のところ、途中で止める可能性が大きいです。


これらの他にも、タイタニア、カオスヘッドなどが残っています。
これらもおもしろい作品であることを期待します。



posted by ぶぶん at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

黒塚 KUROZUKA 第1話 安達原

もっと重厚な時代劇かと思っていたのですが、違いましたね。

SF要素を含む、ネオ時代劇という感じです。
最初の九郎の闘い振りから、それが窺えました。

第1話だけに、よく動きます。
九郎が強すぎて、あまり迫力あるものではありませんでしたが・・・

九郎と黒蜜は、弁慶の居ぬ間に、急接近しますが、
二人が惹かれあった理由がよくわかりません。
恋に落ちた二人のことは、二人にしかわからないので、
何とも言えませんが、もう少し必然性を持たせて欲しかったです。

OPは、とても見れないし、聴けないものでした。
ちょっと厳しかったです。
EDは、可も無く、不可も無く、といった感じです。

今期スタートのアニメを見始めていますが、
まだこれといった当たりには出会いませんね。

急展開でわからないところも多かったのですが、
まずは続けていこうと思います。

動画を見る
posted by ぶぶん at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

黒執事 第1話 「その執事、有能」

マクロスFの後番組です。

初見の感想は、可も無く、不可も無く、といった感じでした。

第1話だけに、盛り上がりはこれからというところでしょう。

主人公の性格・態度がちょっと鼻につきました。
声優が、坂本真綾とのことですが、すごいですね。
最初聞いた時、まったくわかりませんでした。

次回以降に期待です。
視聴継続ならば、カテゴリ化します。

動画を見る
posted by ぶぶん at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

2008年 秋アニメの視聴予定

番組改編で新しく始まるアニメをチェックするのは久しぶりです。

それもこれも、仕事がひまなおかげです。
まあ、会社に行っても仕事がないぐらいなので、困っています。

この秋の視聴予定は、以下の通りです。
気が向いたら、感想を書くと思います。


・アリソンとリリア
 地上波で初放送みたいです。
 理由は、キノの旅と同じ原作の人だからです。

・低俗霊DAYDREAM
 BS11で、全4話と短めで、ちょっと気になっていた作品なので。

・機動戦士ガンダムOO
 前作も見ていたので。
 前作は少し記憶にのこったエピソードがあって、おもしろかったのですが、
 登場人物達にほどんど感情移入できなかったところが、難点でした。 

・黒執事
 マクロスFの後番組なので。
 見るだけ見てみます。

・夜桜四重奏
 BS-iで、何となくおもしろそうなので。

・テイルズオブジアビス
 テイルズシリーズのアニメは見た事がないので。
 ゲームも、デスティニーとファンタジアしかしたことがありません。

・タイタニア
 銀河英雄伝説と同じ原作の人なので。
 ストーリーとか、キャラ造形とか、かぶっていないか心配です。
 それと、キャラクターデザインが、美樹木晴彦なのも、気になりました。

・魍魎の匣
 なんとなく、気になったので。
 ただ、放送予定がよくわからないので、自分の環境で見れるのか?です。

・のだめカンタービレ 巴里編
 全作をアニマックスで見て、おもしろかったからです。
 ノイタミナなので、地域の放送局でやるのか不安です。
 見れないなら、アニマックスで始まるのを待ちます。

・カオスヘッド
 なんとなくと、キッズステーションという、視聴環境があるので。

・かんなぎ
 なんとなくと、アニマックスという、視聴環境があるので。


こうしてみると、結構多いですね。
視聴していくたび、数が絞られていくと思います。
1つ2つ当たりがあれば、よいですね。

これらのアニメは、YouTubeやニコニコ動画に、
紹介の動画があったのですが、こんなに多いんですね。
深夜アニメが普通になってからというもの、
作りすぎなんじゃというぐらい、毎回たくさん作られますね。
見るほうも大変だな、と思います。

粗製濫造とならないことを祈ります。

あと、地方に住んでいるので、放送予定がよくわからないのが、難点ですね。
HPにろくに放送予定を載せていないアニメがたくさんありますが、
何とかしてほしいです。





タグ:アニメ 2008
posted by ぶぶん at 22:02| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

最近見てるもの その2

最近見てるアニメは、以下の通りです。
 ・マクロスF
 ・コードギアス 反逆のルルーシュR2
 ・絶対可憐チルドレン
 ・のだめカンタービレ

このうち、絶対可憐チルドレンは、キッズステーション、
のだめカンタービレはアニマックスで視聴しています。

絶対可憐チルドレンは、絵がかわいらしかったので、
見てみることにしたのですが、内容もとてもおもしろく、
現在も週一で視聴を続けています。

のだめカンタービレは、地上波で放映されている時に見ていたのですが、
仕事が忙しく、途中で見るのを止めてしまいました。
今回は、仕事も忙しくないので、毎日視聴しています。
前回は途中で投げたのですが、今見ると、とてもおもしろい作品です。

アニメは、自分のペースでゆったりと見るのが、一番ですね。



posted by ぶぶん at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

最近見てるもの

最近見てるのは、以下の作品です。
 ・マクロスF
 ・コードギアス 反逆のルルーシュR2
 ・絶対可憐チルドレン
 ・RD潜脳調査室

この中でも、特にマクロスFはものすごくおもしろいです。
絵も綺麗で、その上、よく動きます。
ストーリーもわくわくどきどき、毎回やきもきさせられます。
演出(特にED)も素晴らしく、ここ数年見たアニメではトップクラスです。

タグ:感想 アニメ
posted by ぶぶん at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

しばらく更新を停止します。

仕事が忙しくなったため、しばらく更新を停止します。

感想を書く時間がもったいないので、最近は視聴するだけにしています。
余裕が出来たら、更新を再会したいですね。
posted by ぶぶん at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

ビッグサンデーズ

ブレイブストーリーがてっきり、地上波放送かと思っていたので、
チャンネルを変えた時にメントレGが始まって、一瞬?になりました。

よくよく番組表を見ると、有料放送でした。

ウラ番組と思っていたアニマックスのビッグ・サンデーズを見ることに。
以下に放映された各作品の感想をちょっとだけ書きます。


星空キセキ
 絵はキレイです。キャラクターデザインもなかなか好みの部類に入ります。
 それにしても、ストーリーはよくわからなかったです。
 男の子との出会いも唐突感がありすぎて、イマイチしっくりこなかったです。


・カクレンボ
 絵はよく動くなぁという感じです。
 途中で横になっていたので、寝てしまい、ストーリーが良くわかりませんでした。
 気が向いたら、録画していたので、見返すかもしれません。


・レター
 絵はめちゃくちゃです。設定もよくわかりません。
 シンプルな恋愛物かと思いましたが、心に残るものもありませんでした。


・はなれ砦のヨナ
 ファイナルファンタジーのCGを作った人の作品らしいです。
 確かにファイナルファンタジー色がよく出てますね。
 ストーリー的にはおもしろくないです。
 CGで作成されたキャラクターは、本物の人間が演じる程、
 表情豊かでもないし、アニメキャラクター程の表情のバリエーションがあるわけでもありません。
 やっぱり、違和感がありますね。
 途中からは流し見でした。


総じて、興味を強く惹かれる作品はありませんでした。
新鋭のクリエイター達の作品だけあって、
どれも自己満足のレベルにしか見えませんでした。
(カクレンボは寝ていたのでよくわかりませんが。)

昨日のミヨリの森の方がよっぽどおもしろかったです。
日曜の夜を締めるに足る、心残る作品ではなかったのが残念でした。
(四作品もあって、一つもないというのも、寂しい。。。)

人気blogランキングへ











posted by ぶぶん at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

ミヨリの森

夏休み特別企画の「ミヨリの森」を視聴しました。

絵柄はあまり好みではないのですが、
時をかける少女の時に見たCMが少し印象に残ったので見てみることにしました。

非常にわかりやすい少女の再生譚といった感じです。
森の精霊達によって頑なな少女の心が癒されていく。。。

こういうのを見ていると、夏休みなのだな、と感じます。

この作品の良いところは、序盤の田舎風景の描写ですね。
自分もこんなところに住んでみたいと思います。

後半になるにつれ、田舎の描写が薄れていき、
少女の冒険譚みたいになりました。

後半はちょっと興ざめた感じで見ていましたが、
子供向けには良い作品だと思います。
疲れた大人が見る分にも。

明日は確か、ブレイブストーリーが放映される予定でしたね。
アニマックスでも映画が放映されるし、夜が楽しみです。

人気blogランキングへ



posted by ぶぶん at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

夕凪の街 桜の国

現在、映画が公開中の「夕凪の街 桜の国」です。

私がこの本を最初に手に取ったのは、大分前のことになります。
新品で第二版を買ったので、2年半ぐらい前でしょうか。

書店でその表紙に惹かれ、また立ち読みOKだったことから、
何気なく手にとって読みました。

素朴な絵柄に心癒される感じがするものの、
「夕凪の街」で迎える衝撃のラスト。
すぐさまに購入していました。

家で読み返して見ると、悲しさに涙があふれてきます。
今でも読み返すと、涙が出てくるときがあります。

たまたま、広島に住んでいること、
原爆ドームや平和記念公園へも比較的すぐに行ける立地にあることが、
この作品への思い入れを強くしているのでしょう。

そんな大好きな原作が映画化されるとは、
ちょっと楽しみのような、残念なような。
見たいようで見たくない、そんな複雑な気持ちです。

人気blogランキングへ


posted by ぶぶん at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

さよなら絶望先生 第1話

キッズステーションで始まったので、遅ればせながら、視聴しました。
原作は未読です。

かってに改蔵はちょっとだけ読んだことがありますね。

オープニングからダークな雰囲気です。
ギャグだか、何だかよくわからない、
全くかみ合わない二人の会話がなんとも言えないです。

それに、この作品は非常に見にくいです。
線や色が薄いのか、やけにぼやけて見えます。
ぼやけて見える上に、背景にやたら小ネタを仕込んでいるので、
見てるととても疲れます。

続きをみるかどうかは、気が向いたらか、よっぽど暇な時でしょう。

人気blogランキングへ








posted by ぶぶん at 23:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

毎日日越え

毎日、日越えでアニメを見ている暇もありません。

今日は、後輩の送別会でした。
できる後輩さんだっただけに、残念です。

日曜日にキッズステーションで放映された
「さよなら絶望先生」を録画しているのですが、見る時間がないです。

ゆったりと、過ごしたいものですね。
posted by ぶぶん at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

あと2週間。。。

>私の住んでる地域は、関東につづき、
>2番目の早さの放送です。
>
>明日の深夜が待ち遠しいです。

さっき、こんなことを書いたのに、
公式サイトを見たら、放送時間が2週間も遅れることになっていました。

8/10だって・・・?
あと2週間もまたなければいけないの??

参議院選挙のせいですね。
放送局も放送局(RCC)です。
ここまで期待させておきながら、何たる不始末。
視聴者をばかにするなー!

人気blogランキングへ
posted by ぶぶん at 01:48| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

3月のライオン

最近は仕事が忙しくて、
日越えが当たり前になっています。
更新もこんな時間。。。

話は変わりますが、
ハチミツとクローバーの原作者、羽海野チカさんの最新作、
3月のライオンがヤングアニマルで始まっていますね。

アニメでは良く知っているのですが、
原作絵を見るのは初めてです。

こんな画風の人なのか。。。
第1話はまだよくわかりませんでしたが、これからおもしろくなっていくのでしょうか?

しばらくは立ち読みが続きますね。
posted by ぶぶん at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

時をかける少女

土曜プレミアムで放送していた「時をかける少女」を視聴しました。

良いストーリーでした。
見てる間も胸が痛くなったり、熱くなったり、
心に響くシーンがたくさんありました。

真琴の
功介たちが事故に遭うシーンでの必死なところや、
千昭を失ったことで悲しみにくれるシーンはとてもよかったです。

人の気持ちから逃げることがどういう結果をもたらすのか、
失ってしまったものはもう取り戻せないことなど、
いろいろなメッセージを受け取りました。

「時をかける少女」を初めて知ったのは、
内田有紀が主演のテレビドラマでした。

あの話も子供心にすごく切ない物語として記憶しています。
原作は未読ですが、「時をかける少女」といえば、
あのドラマが心に浮かんできます。

他に、時間跳躍ものといえば、
この作品でも用語として出ていましたが、
高畑京一郎の「タイム・リープ」を思い出します。
この話は厳密には時間の跳躍ではないのですが、
この話も大好きでした。

上記以外に思い出すのは、
伊藤 伸平のはるかリフレインです。

大好きな彼氏が死んでしまうのですが、
偶然にも時間を戻す力を手に入れた主人公のはるかが、
彼氏が死なないように奮闘するストーリーです。
最後は報われずに終わってしまいましたが。。。


今回の「時をかける少女」はラストがどのようになるのか、
非常に気になっていました。

もしかしたら、何事も無く千昭とつきあったりするのかな、
なんて淡い期待も抱いていましたが、やはり別れる事になるのですね。

でも、今回真琴が選んだのは、1回目よりもポジティブな千昭との別れ。

この別れが真琴を大きく成長させることになるのは言うまでもないでしょう。

真琴の未来に、千昭がいることを信じて。。。
感想を終わります。


人気blogランキングへ



↓視聴後に見ると、また違った味わいがありますね。
posted by ぶぶん at 23:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

更新ができない・・・

仕事が忙しいため、視聴も更新もできていません。。。

明日も仕事です。
大変だなぁ。
posted by ぶぶん at 01:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。