2007年01月16日

神様家族 第13話 最終回

やっと、終わりました。

「やっと」という通り、正直後半はあまりおもしろくありませんでした。

作品の雰囲気にフミコのテンションがどうも合わないと思います。
彼女が一人だけ突き抜けた性格をしているため、浮きがちでした。

佐間太郎とテンコも互いの気持ちが通じ合いましたが、
それは第4話の時点で十分だったのではないかと。

前半(愛の話まで)だけならば、かなり好評価の良い作品でした。
後半(久美子とフミコの話)に限ると、評価は大分落ちますね。

前半がよかっただけに、後半の失速が非常に悔やまれる作品でした。
それでも、前半部分だけは十分に楽しませてもらいました。
あともう少しだけ作画もよければなぁ、と。

ちょっと残念な最後でしたが、今まで楽しませてもらった分の感謝を。
ありがとうございました。

人気blogランキングへ

posted by ぶぶん at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 神様家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

神様家族 第12話

黒幕登場。

久美子も大分怪しいそぶりを見せていましたが、
その元凶である母「フミコ」が正体を明らかにしました。

佐間太郎は、自分の本当の想いに気づき、久美子と別れる事にしました。
この辺りはもう少し修羅場みたなのがあるのかな、と思ってましたが、
意外にあっさりと別れてしまいました。

この辺の佐間太郎の心の動きの表現がいまいち弱くて、
共感できませんでした。

クライマックスへ向けていよいよ物語が進行して行きますが、
自分としてはあまり盛り上がりを感じません。

今回のタイトルに「キス」とあったので、
佐間太郎とテンコが本当にキスをするのかと思ったら、
またほっぺにチュウでしたし。

やっぱり、原作1巻のラストと思われる第4話が一番盛り上がってました。
現在のストーリー進行は、
無理に続編を書いたら、このような展開になったという感じがします。

次回は最終回。
気持ちよく見終われるような展開を期待します。

人気blogランキングへ

posted by ぶぶん at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 神様家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

神様家族 第11話

久美子の正体が判明。

今回は、話の流れがすごく唐突な感じがしました。
唐突にフミコという新キャラが登場したり、
唐突に久美子が正体を明かす。。などなど。

原作の内容を詰め込みすぎているのでしょうか。。。

これまでのストーリーとしては、
佐間太郎がテンコのほっぺにキス(第4話)と、
愛編の最後(第8話)が一番盛り上がっていたような気がします。

終盤、やや失速気味な感じがしています。

人気blogランキングへ

posted by ぶぶん at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 神様家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

神様家族 第10話

佐間太郎と久美子の交際開始。

テンコは嫉妬しまくりですね。
デートを尾行とは、ストーカーもいいとこです。

佐間太郎は、テンコとのキスがあって、
テンコのことを意識していたはずなのに、
なぜ、あんな簡単に久美子とつきあうことにしたのでしょうか?

そのあたりの心情がいまいち理解できませんでした。
いくら二人が素直になれていないといっても、これはないのでは?と思いました。

次回予告を見る限りでは、
たびたび登場して来た真っ赤な服の少女と久美子の関係があきらかになりそうです。


人気blogランキングへ

posted by ぶぶん at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 神様家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

神様家族 第9話

久美子、復活。

まとめ見しているせいか、随分と早い再登場でした。

別れる直前は、佐間太郎が人間になっていたせいか、ツンとした感じでしたが、
今は佐間太郎が神様候補だった時の「好き」状態のようですね。

今回は、久美子登場のための前振りみたいな話でした。
確か、愛編に入る時もこんな前振りみたいな回がありましたね。

久美子と佐間太郎の動向も気になるところですが、
冒頭に出てきた赤い服の女の子(OPの不気味な女の子ですよね)と、
テンコに話し掛けてきた謎の声も気になるところですね。

作画のレベルがまた落ちてきたようです。
もともとのキャラクターデザインが微妙なような気もしますが。。。
原作小説のイラストレーター(ヤスダスズヒト)さんの絵から、もう少し忠実に絵を起こしていれば、
もっとかわいくシャープな線の絵になったと思います。
この作品は、ストーリーは良い分、絵で損しているような気がします。

人気blogランキングへ

posted by ぶぶん at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 神様家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神様家族 第8話

愛編完結、といったところですね。

佐間太郎たちが「愛」と呼んでいた少女は、
実は「愛」ではなく、車椅子少女「愛」が大事にしていたお人形の「ルル」でした。

七夕のお願い事による奇跡で、人形が少女になって
佐間太郎たちの前に現れたのでしょう。

愛が階段を登り、ルルが背中の「たいせつなおともだち」を見せたシーンは、
少なからず、じーんとしました。
ああ、この背中の字は、愛が書いたものなんだな、と。

今回は、最後が少し納得いきませんでした。
佐間太郎は自分が神様であることを愛に明かしてしまったため、
時間をさかのぼることになりました。

その結果、進一が気にしていた少女が実は「愛」であった、
というオチになっています。
では、病院にいるはずの「愛」はどうなったの?という感じです。
神様なら、未来は変えられても、過去は変えられないはず。
愛が入院しているという事実でさえも、変えてしまったということなのでしょうか?

うーん、よくわかりません。
少しご都合主義かな、と思います。
ラストは時間を戻す事で無く、愛は入院したまま、ルルをそのまま現在に残す、
といった選択をして欲しかったです。

次回は、久美子が復活しますね。
少し唐突な感じもしますが、原作もこんな感じで物語が進行しているのでしょう。

それにしても、最終回にとっておくのかなと思っていた
佐間太郎とテンコのキスが、今回、
しかもハプニングといった感じで出てくるとは思いませんでした。

人気blogランキングへ

posted by ぶぶん at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 神様家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

神様家族 第7話

謎が少しずつ明らかになっていく。。。

車椅子の少女と、愛の間には何らかのつながりがあるようですね。
愛は「5しかいられない」といってましたが、
それとも何かの関係があるのでしょうね。

車椅子の少女は、心を開かない人に対しては、頑なな態度をとるのですね。
進一があまりにピエロな役柄なので、哀れです。

テンコが車椅子の少女に対してやきもちを焼くシーンを見ていて思ったのですが、
テンコは少しわがまま(思い込みが激しい)というか、
自分の気持ちを人に押し付けようとするところがありますね。
「私には佐間太郎しかいない」「佐間太郎を見守るのが全て」とか、
思考が硬直してるような印象も受けます。
まぁ、そこも彼女の魅力の一つではあるのでしょう。

また、愛のスクール水着には爆笑しました。
ありえんだろう、普通。。。とつっこんでしまいました。
ブルマ、裸エプロン、スクール水着、と、いろいろと趣向を凝らしてきますね。
あとはメイドなんかでしょうか。

前回と今回は作画が低調ですね。
たまにデッサン狂ってるんでないか、と思うような絵が出てきます。
次回予告を見た限りでは、次回はまともになっているような気がしますが。。。
短いシリーズなので、きれいにまとめてもらいたいものです。
こちらもまとめ見しているので、そういう点が気になるのかもしれませんが。

次回で、愛については決着がつきそうな感じです。
次回も楽しみですが、視聴は明日になりそうです。

人気blogランキングへ

posted by ぶぶん at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 神様家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神様家族 第6話

テンコ達の子ども?よりも、車椅子少女の方が気になります。

彼女が夢で見るという、「悪魔」。
OPの映像の中に、不気味な表情をした女の子がいますが、
それがその「悪魔」なのでしょう。

車椅子少女と悪魔の関係。
また、車椅子少女と佐間太郎達の関係もこれから気になるところです。
しばらくは、テンコ達の子どもと車椅子少女を交えたストーリー展開になるのでしょう。

第5話は、ネタ振りの段階みたいな感じでしたが、
今回からは、またおもしろくなってきました。

人気blogランキングへ

posted by ぶぶん at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 神様家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神様家族 第5話

前回の佐間太郎とテンコのキスはフェイクだったのですね。。。
すっかりだまされました。
ほっぺにチュウとは思いませんでした。

本当のキスをするのは、最終回あたりになるのでしょうか。

久美子は、オープニングにも出ているのに、
登場回はこれまでのたった4話だけなのですかね。
少し寂しい気もしますが。

次からは、テンコの妊娠話で続いていくようですね。
それにしても、ほっぺにキスしただけで、子どもができるとは、
多分、今どきの小学生でもそんなことは考えつかないと思うんだけどなぁ。

人気blogランキングへ

posted by ぶぶん at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 神様家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

神様家族 第4話

佐間太郎とテンコがキス。。。

こんな展開はてっきり、最終回あたりにくるものだと思ってたので、
とても意外でした。

本当に最終回のよう。
原作の第1巻までの内容ということでしょうか?
(原作未読なのでわかりません。。。)

二人が互いの想いを確認するのはまだ先だと思ってたので、
今後、どのような展開を見せていくのか想像がつきません。

多分、キスをしたところでこれまでの2人の関係が変わるわけではないでしょうし。
急にイチャイチャされだしても、それはそれで困るのですが。。。

人気blogランキングへ

posted by ぶぶん at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 神様家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神様家族 第3話

佐間太郎の人間宣言が出ました。

久美子へのプレゼント買いにかこつけて、
テンコと佐間太郎がデートしています。

そこで、物語のキーのひとつになるであろうキーホルダーを
テンコは買ってもらいます。

テンコはペンで何か文字を書いていたようですが、
その内容が明かされるのはおそらく終盤でしょう。

また、久美子はメメが巻き起こしたどたばたによって、
佐間太郎に惚れてしまいます。
一緒にドキドキを体験することで、それを恋愛のドキドキと勘違いする、
つり橋理論に基づいた感情の変化でしょうか?

次回のタイトルはまるで最終回のよう。。。
次回も楽しみです。

人気blogランキングへ

posted by ぶぶん at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 神様家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

神様家族 第2話

話がおもしろくなってきました。

リアルタイム放送時に、なぜ見つづけなかったのかと言うくらいです。

冒頭の湯気を吹きっぱなしのテンコがすごくよかったです。
止まらない湯気は、彼女の本心を表しているのでしょうね。

前回のブルマと同じく、ママさんのお色気は正直どうでもよいです。
若い娘の方が興味があるので。

テンコは積極的に佐間太郎の恋を応援していますね。
彼女が自分の本心に気づくのはいつごろになるのでしょうか。
気になります。

また、自分の思い通りにいかないことに悩む佐間太郎ですが、
それだけ、今まで彼が、神様の奇跡で思い通りの人生を過ごしてきたってことですね。

全てが自らの思うままというのは、ある意味、
うらやましくもあり、悲しそう(残念なこと)でもあります。

人気blogランキングへ

posted by ぶぶん at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 神様家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神様家族 第1話

アニマックスで年末年始のまとめ放送があるので、見ることにしました。

実は、リアルタイムで見る機会があったので、
第1話は視聴したことがあります。

その時は、開始後15分ぐらいで見切ってしまいました。
ブルマの過剰演出にひいてしまったので。
これを毎週見るのはつらい、とその時は思いました。

今回は、1日2話、まとめて放送ということで、勢いで見ようと思っています。

第1話は、ラストがよかったですね。
転校生の登場に佐間太郎の心がゆれるシーン。
日常の描写で、佐間太郎とテンコの関係が描かれている分、
このシーンでこれからの波乱の始まりを予感させるものでした。

この物語は基本線は、佐間太郎と世話焼き幼馴染テンコとの関係を軸として
恋愛模様とギャグを交えながら、語られていくのでしょう。

第2話への興味も十分惹かれるものでした。

人気blogランキングへ

posted by ぶぶん at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 神様家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。