2007年11月08日

ふしぎの海のナディア 第8回 ナディア救出作戦

まるで最終回かと思わせるような回でした。
序盤からクライマックスっぽい音楽、ラストのみんな無事でよかったね、と、
人気のない作品なら、ここで打ち切られてしまうかのような勢いでした。

グラディス一味はなんだかんだ言っても、良い人達ですね。
ジャンに礼を言われて、赤くなったりとか、良さすぎです。

今後はしばらく別れるか、共同戦線を張っていくことになるのでしょうか。

ネオアトランティスの基地が崩壊した事によって、
舞台は地上から、海の上へと移っていくのでしょう。

この後、ナディア達はどう動くのか、そして、ネオアトランティスとの再戦はいつごろになるのか、
まだ8回なのに、とても先が長く感じられました。

人気blogランキングへ



posted by ぶぶん at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ふしぎの海のナディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふしぎの海のナディア 第7回 バベルの塔

意識しているのか、オマージュなのか、ラピュタを髣髴とさせるシーンが多かった回でした。

ガーゴイルの命により発動するバベルの塔。
ラピュタの雷と上下逆みたいな感じです。
ソドムとゴモラの例えもそのままです。

ブルーウォーターと飛行石。
空中と海。

舞台設定は空と海でまったくの逆ですが、設定は良く似ていますね。
ボーイミーツガールの話であるところも。

バベルの塔の発射シークエンスですが、ここの演出もエヴァンゲリオンを思い出します。
ガイナックスは昔から、この手の演出がすきなのですね。

アニメの視聴中は、できるだけ他作品のことは考えたくないのですが、どうしても出てきてしまいます。

人気blogランキングへ



posted by ぶぶん at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ふしぎの海のナディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

ふしぎの海のナディア 第6回 孤島の要塞

ジャンとナディア、一時の別れ。

別れの際に、ナディアがジャンにキスをしますが、
こんなこと、これまでの二人の関係からしたら、
考えられなかったことですね。

ナディアが、マリーに母親代わりとして接してきたことが、
大きく影響しているのでしょう。

この二人の間に芽ばえ始めているのは、何でしょうか?
まだ短い時間ですが、共に苦楽を味わってきました。
二人の関係が今後どうなっていくのかは知っていますが、
その過程はすっかり忘れているので、どう描かれていくのか、楽しみです。

人気blogランキングへ



posted by ぶぶん at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ふしぎの海のナディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

ふしぎの海のナディア 第5回 マリーの島

もっと先かと思っていましたが、マリーが登場しました。

ガーゴイルの一味に両親を殺されてしまったみなし子だったのですね。

マリーの両親の死がとても強調されていた回に思えます。
マリーが両親のことを気に掛けるシーンがたくさんありました。

そのたびに表情を曇らせるジャンとナディア。

ここまでじっくりと、しつこく死について、
問い掛けるような作品は久しぶりです。

最後、両親ともう会えない事を理解したマリーが泣き出すシーンには、
ちょっとだけじーんとしました。

マリーがこの後、元気を取り戻して、
ナディア達と一緒に冒険をしていくことは知っているので、
マリーがどのような立ち直りの仕方をしていくのか、楽しみです。

人気blogランキングへ



posted by ぶぶん at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ふしぎの海のナディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

ふしぎの海のナディア 第4回 万能潜水艦ノーチラス号

もうノーチラス号の登場ですが。。
もっと後半かと思っていました。

自分の記憶とは、やはり曖昧ですね。

それにしても、ノーチラス号だけ、
今の時代と比較しても、オーバーテクノロジーですね。
クーラーなんかは、今の時代でも存在する代物ですが、
机の下から出てくるココアとかは、今でも難しい技術でしょう。

「ブルーウォーター」「ナディア」の単語に反応するエレクトラ。
何かの伏線ですね。

ナディアは、結構、人間不信の気があるのですね。
少し暗めのところが見え隠れするのは、どうしてもシンジ君を思い出してしまいます。

シンジ君と比べ、ジャンは対照的な主人公ですね。
ジャンの方が、明るく、前向きです。
子供向けアニメには、これぐらいの主人公がちょうどいいですね。

最近のアニメの主人公は、とんでもないヘタレか、
ウジウジ悩んでいるタイプが多いので、こんな主人公の作品を、
最近のアニメでも見たいですね。

このまま乗艦し続けるのかと思ったら、あっさりと降りることになりました。
どうやら、今回は顔みせだけのようで。
この後、しばらくしてから、ストーリーの本筋に絡んでくるのでしょう。

それと、ナディアが気になる視線をネモ艦長に送っていました。
自分の記憶だと、確かこのシーンは。。。と思うところがあったのですが、
ここは子供の時分の記憶です。
そっとしておいて、今後の展開で確信を得ようと思いました。

人気blogランキングへ



posted by ぶぶん at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ふしぎの海のナディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふしぎの海のナディア 第3回 謎の大海獣

謎の大海獣とのタイトルですが、あの影はどう見ても潜水艦ですね。

動物の声が聞こえるというナディアに声が聞こえないのも無理はありません。
魚雷を発してくるところから、もうメカだとわかります。

学者のエアトンが登場します。
この声優さんの配置からして、彼の再登場がありえそうな気がします。
あのまま海の藻屑とはなっていないでしょう。

ラスト、ナディア達は海に投げ出されますが、彼等は泳ぎが上手ですね。
軽装のナディアはともかく、しっかりと服を着込んでいるジャンはすぐに溺れてしまいそうですが。。。

ファンタジーであるアニメで、
こんなことを考えてしまう自分は、年を取ってしまったのだな、と感じます。

人気blogランキングへ



posted by ぶぶん at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ふしぎの海のナディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

ふしぎの海のナディア 第2回 小さな逃亡者

今回のタイトルに「小さな逃亡者」とあったので、
OPに出てた少女(名前を忘れてしまいました)が登場してくるのかと思っていましたが、
どこにも出てきませんでしたね。

タイトルの「小さな逃亡者」とは、そのままジャンとナディアのことを指していたのですね。

第1回と比べると、ややキャラの絵柄が変わったような感じがします。
私は第1回の方が好みですね。

この回から、ジャンの発明が次々と出てきます。
見れば見るほど、そういう設定だったな〜ということが思い出されます。
ジャンの発明に対して、感心するナディア。
そして発明が壊れてから、あきれるナディア。
こういうやり取りもありましたね。
本当に懐かしい。

今回は発明のくだりで楽しめました。
次回も、また新しい発見というか、楽しみがあると、おもしろくなりますね。

人気blogランキングへ



posted by ぶぶん at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ふしぎの海のナディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

ふしぎの海のナディア 第1回 エッフェル塔の少女

キッズステーションで放送が始まりました。

リアルタイムで、NHKの放送を見ていた世代なので、
視聴するのは17年ぶりぐらいです。

当時のストーリーは一部しか覚えておらず、
その内容もあまり理解できていなかったと思います。
17年の月日を経て、この作品が今の自分にはどう映るのか、とても楽しみです。

OPから、とても懐かしさと新鮮さを感じました。
17年前の作品とは思えないほど、きれいな絵です。

ナディアもジャンもとても可愛く、魅力的に描かれています。
第1回の放送中にも感じさせられましたが、ナディアがとても良いですね。

褐色の肌で一見健康で、快活そうな少女が時折見せる、憂いに満ちた表情。
そして、その美しさ。
とても良いです。

ストーリーも、典型的なボーイミーツガールものです。
ジャンがあそこまで積極的な男の子だったかなぁ、という印象です。
第1話の展開も、今見てみると、天空の城ラピュタを彷彿とさせるものがあります。

冒険活劇という表現がぴったりと来る作品です。
最近の作品よりも、こういった昔の作品に懐古的な魅力を感じてしまう
年頃になってしまったのだな、とも感じます。

見終わった後に、さわやかな気持ちが残る、清々しい第1回でした。

人気blogランキングへ



posted by ぶぶん at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ふしぎの海のナディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。