2007年11月03日

シュヴァリエ 第2話

前回がおもしろかったので、貯め録りしていた第2話も続けて見ました。

剣戟のシーンが前半と後半で二つありますが、
どちらもよく動いていますね。

期待通り、よいアニメです。
仲間が二人増えて、四銃士ということに。
四銃士の例えを古い、といっていますが、
それはダルタニヤンの三銃士が過去の例としてあるからでしょうか。

ゾンビが襲ってくるさまは、さながらバイオハザードのよう。
彼等は「ガーゴイル」と呼んでいますが。

登場キャラが男ばっかりですね。
この作品に萌えを求めるわけではないですが、
華のある女性キャラも欲しいところですね。
でも、デオンが一応そうなるのか・・・?

人気blogランキングへ

posted by ぶぶん at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | シュヴァリエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シュヴァリエ 第1話

アニマックスのCMで良さそうな作品の印象を受けたので、
視聴してみる事にしました。

舞台は、中世のフランス。
ルイ十五世の御世。

CMにある通り、実在の人物を登場させています。
怪しげな山師、サンジェルマン伯爵などは、名前を聞いたことがあります。

中世の舞台に、伝奇的な要素を含める事で、独特のストーリー構成になっています。
雰囲気が少し似ているところでは、アニメ版のベルセルクを思い出します。
少し難しい語りや単語などは、攻殻機動隊を思い起こさせます。

姉を殺され、その復讐に燃え、秘密警察に属するデオン。
手がかりをつかんだのも束の間、刺客に襲われます。
刺客の襲撃を受け、仲間は全滅。友人も攫われてしまいます。

ラスト、デオンには、死んだはずの姉の霊?が舞い降ります。

エンドロールでは、次回の映像が流れていますが、とても動きがよいですね。
こんな作りも攻殻機動隊を思い出します。
さすが、ProductionI.G。

CMを見て、実際に作品を目にするまでは、まったくのノーマークの作品でした。
早速、今後が楽しみになってきました。

人気blogランキングへ



posted by ぶぶん at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | シュヴァリエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。