2008年09月28日

マクロスF #25 アナタノオト

マクロスF、完結。

・・・劇場版??

初代マクロスや、マクロスプラスのような、
本編を再編集したり、シーン追加したようなやつでしょうか?
それとも、マクロス7のような、
後日談の番外編になるのでしょうか???
本編が少し消化不良だっただけに、こちらでの補完をするのかな。。。


さて、本編の方ですが、駆け足での終了でした。
バトルはかなりの盛り上がりを見せたのですが、戦闘シーンの尺が長すぎて、
戦闘終了後の話がほとんどなくて、満足できませんでした。

こういう戦闘のあるアニメに言えることですが、
ラストぎりぎりまで戦闘でなく、余裕を持って最終回の一回ぐらいまでに
戦いを終わらせてほしいものです。

昔、ピースメーカー鉄という、アニメを見た事があるのですが、
あれは最終回の一回前に見せ場の戦闘は終わって、
最終回はその後日談になっており、とてもまったりしていました。

確かに、ロボットアニメの花形は戦闘シーンなのですが、
たまにはこんな終わり方もあっていいんじゃないかな、と思います。

駆け足で終わったせいか、
ご都合主義なシーンがとても多く感じました。

ルカが簡単に味方に戻ったり、
シェリルの病気が治ったり、
バジュラが味方になって、アイランドを守ったりと、
ちょっとうんざりするぐらいでした。

また、肝心の三角関係は、決着つかずのままでした。
これまでのマクロス作品は、
 オリジナル   →男1、女2 決着有
 マクロス7   →男2、女1 決着無
 マクロスプラス →男2、女1 決着有
 マクロスゼロ  →男1、女2 決着有(最後は別れてしまいましたが・・)
こんな感じの決着でした。
こうして見ると、男1、女2で、決着無だったので、新たなパターンですね。
TVシリーズは決着つかずが続いているので、
次のTVシリーズがある場合は、決着のつく形が良いですね。


駆け足ながらも、演出面はよかったです。
ノーザン・クロスの盛り上がりや、ライオンへのつなぎには心躍りました。
トライアングラーのOPを彷彿とさせるランカとシェリルの飛行?シーンもよかったです。

敵機としてゴーストV9が登場したり、
クランが、ミシェル機に乗っていたり、
ランカの回想にマオが登場していたり、
アルトが発進前にヒロインに対して敬礼をしたり(第1作のオマージュ)、
心憎いところもありました。

こうしてみると、
マクロスFは、演出がとても優れた作品でした。
ただ、自分の中で最高の盛り上がりを見せたのは、
第10話の「レジェンド・オブ・ゼロ」や、
第12話の「ファステスト・デリバリー」でした。

中盤が一番おもしろくて、
それ以降は、あまり記憶に残るエピソードが少なかった気がしました。

それでも、ここ数年見たアニメの中では、
トップクラスでおもしろかった作品であるのは間違いありません。
一週間が待ち遠しくてしかたない作品でした。


Online Videos by Veoh.com
posted by ぶぶん at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロスF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

マクロスF #24 ラスト・フロンティア

アルト、まさかの戦死?

ブレラの強襲を受けたアルト機は、
シェリルの目の前で爆発します。

まさかの主人公死亡エンドかと一瞬思いましたが、
こんなところで主人公が死ぬわけはないと思い、
爆発シーンをよく見てみると、人がぽろっと出ているように見えます。


本編を洗いなおすと、
なぜランカがヴァジュラと交信できる体質になったのか、
グレースの狙いは何なのか、
シェリルの出生の秘密など、
いろんなことが明らかになっていきますね。

その中でも驚いたのが、シェリルが、マオの孫であることでした。
あのイヤリングは、マオ→シェリルの母→シェリル、と受け継がれたのでした。
それにしても、幼かった印象のあるマオですが、
その血を受け継いでいるのが、あのシェリルなのですから、
成長した後は、姉と同様美しくなっていたのでしょうね。
何だか感慨深いです。

ヴァジュラとの最終決戦を前に、各陣営の動きも慌しくなります。
さりげに、ナナセにキスするルカ。
何だか、彼の評価はがた落ちです。

艦長とモニカも何だかいい感じになっています。
ビルラー氏は誰かに逢いたがっているようです。
「フォールドの波は、銀河律と時を越える・・・」
「時」とあることから、過去に失った誰かでしょうか?
もしくは、文化の象徴でもあるミンメイのような気もしますが。。。

アルトと、シェリルですが、
この2人は、やはりシェリルの方が一枚上手のようです。
シェリルは自らの感情を抑えつつも、抑えきれないようで、
複雑な感情が伝わってくるような感じでした。
本当にイイ女ですね。

ヴァジュラとの決戦は、シェリルの歌や新兵器もあって、
統合軍が有利に進めますが、
ランカの歌が戦場を駆けることで、形勢逆転します。

彼女の歌が、「アイモ」ではなく、「愛・おぼえていますか」なのは、
ちょっと意外でした。
歌う姿が、大きく映し出されるシーンは、
エヴァンゲリオン劇場版の巨大綾波や、マクロスプラスのシャロン・アップルを思い出します。

せっかく良い歌を歌っているので、
目がいきいきとしていると良かったのですが。。
この状況だと、そうも行きません。

次回はいよいよ最終回のようですが、
三角関係も含めてどんな結末を迎えるのか、想像できません。

グレイスがネットワークを介して会話していた相手もまだ姿を見せていませんし、謎が残ったままになるのでしょうか?
それとも、最近よくある第2期に続くのでしょうか?

これほどの作品はそうそうないので、
できれば満足のいくラストを迎えて欲しいです。


Online Videos by Veoh.com
posted by ぶぶん at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロスF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

マクロスF #22 ノーザン・クロス

ここにきて、話が広がってきた感じです。

黒幕のグレイス一味は、まだ正体を見せておらず、
三角関係も含めて、残りで綺麗に終わらせる事ができるのか心配になりました

ランカの居ぬ間に、アルトとシェリルが急接近します。
アルトはシェリルに対して、「歌わなくていい」と言いますが、
彼女のことを真に想うなら、そこは止めないのが普通なんじゃ?と想いました。

ラストでオズマが、アルトに対して、
「状況に流されていないか?」と指摘するシーンがあるのですが、
アルトのシェリルに対する態度を見る限り、流されているような雰囲気がします。

そこを正そうとして、アルトは仲間外れにされたのかもしれませんね。

SMSが軍に吸収されることになり、
SMSの面々もこれからを選択することになるのですが、
それぞれの関係がいい感じで描写されているところに好感が持てます。

最初は互いに良い感情を持っていなかったボビーとキャシーが、
今ではすっかりと打ち解けているところは、見ていて感じるものがありました。
オペレーター3人娘もそれぞれの特色があって、
とてもかわいいです。

↓今回、特に可愛かった人。
ラム・ホア.jpg

艦長もオズマも軍人としては失格ですが、上司としては合格ですね。
こんな上司だったら、ついていきたいと思いたくなります。

一方で、ルカはすっかり敵キャラになってしまいましたね。
他のレビューで気づいたのですが、いつの間にか、頬の赤みが消えています。
声も少し低くしてあるような感じです。
彼の今の立ち位置ですが、機動戦士Zガンダムのカツのようですね。
前回から感じていたうざったさが、カツと一致しました。
今回のラストでは、オズマに撃墜されるのかと思いました。
どちらにしろ、最終回までに、彼はどこかで死ぬような気がします。

ランカとブレラは今回はちょっとだけでした。
次回、ランカの過去も含めて、大幅にストーリーが進むようです。

ラストのノーザン・クロスをBGMにしたバトルは短かったけど、
熱かったです。
やっぱり、登場人物たちがクールに戦うよりは、
熱く熱く戦ってくれた方が、こちらも熱く、燃えることができます。
今後展開されるであろう、ラストバトルもそんな熱さを期待しています。


Online Videos by Veoh.com

posted by ぶぶん at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロスF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

マクロスF #21 蒼のエーテル

ランカ・・・

まさかと思った別れの時でした。
こんなに早く訪れるなんて、という感じです。

彼女がこんな想いに到ったのには、
バジュラの殲滅、愛くんの成長といろいろな要素がありますが、
一番決定的なのは、歌えなくなってしまったことでしょう。

たった一人の彼のために、歌う事の意味を見出した彼女にとって、
みんなのために歌う事は、もうできないのでしょうね。

今回の展開は全く予想できなかっただけに、
どうなるのかどうなるのかと、はらはらしながらの視聴でした。


さて、ランカ以外ですが、
 ・レオンは本性発揮
 ・ルカも本性発揮
 ・クランは弔い合戦
 ・ブレラがとても良いお兄ちゃんぶり

ルカは、こうなるだけの事態が予測できただけに、
なぜレオン側についたのかと、軽い怒りを覚えてきます。
何だかうざったいキャラになってきました。

クランは無事生き残ってくれました。
ミシェル亡き今、グレイスへの疑惑とシェリルの病気を知っているのは彼女だけ。
うまく立ち回って、ハッピーな最終回になるようにしてもらいたいです。

ブレラが一番、ランカの心を汲み取っていましたね。
アルトがランカに対して、もっと強い想いを持っていたなら、
今回のような事態は避けられたのでしょうが、やるせないですね。

今回は、シェリルの動向はありませんでしたが、
ランカのいなくなった来週は、活躍がありそうですね。

次回のタイトルは、「ノーザン・クロス」。
ここ数回は、テーマ曲と同名が続いていますが、
今後はどうなるのでしょうか?

これまでに歌われた曲で残っているのは、
「アイモ」、「ライオン」、「ねこ日記」、「射手座・・」
などがありますが、最終回で有力なのは「アイモ」ですね。
「愛・おぼえていますか」もあったりして・・・


Online Videos by Veoh.com
posted by ぶぶん at 22:32| Comment(0) | TrackBack(1) | マクロスF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

マクロスF #20 ダイアモンド・クレバス

前回が思っていたよりは盛り上がっていなかったので、
今回はどうかな〜と思っていたのですが、
予想を超えるできで、とてもよかったです。

前回の「トライアングラー」に続き、
今回のタイトルはED曲名の「ダイアモンド・クレバス」でした。

前回が曲名通りに、三角関係を表すものだったように、
今回は、別れた人を悼む内容でした。

シェリルの復活には、じーんときましたが、
ダイアモンド・クレバスを歌いだした辺りで、
このままエンディングに向かうのかと思っていたところで、
ミシェルの死でした。

クラン・クランが想いを伝える姿が、
一生懸命に描かれていただけに、悲しさも一層でした。

残されたクランは、
次回予告でなにやら決意めいた瞳をしていました。
ミシェルの後に続いて、彼女も・・・なんてことにはなってほしくないです。

次回も楽しみです。


Online Videos by Veoh.com
posted by ぶぶん at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロスF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。